« 東勢神社の狛犬(2009.11.21訪問) | トップページ | 佐久間神社の狛犬 »

松尾神社の狛犬(2009.11.21訪問)

嘉義の民雄にある嘉義酒廠には、お酒の直売所があるだけではなく、博物館のようなものが併設されていたりとかなり楽しい観光名所になっているようです。

しかし今回、私と狛犬仲間の目的はただ一つ。松尾神社の狛犬に会うことです。ただそれだけを目指しました。

楽しそうに見物している家族連れや、なぜか大量のハイネケンを買い込んでいる若いカップルなどが集う場所からずっと奥に入っていくと、何だか寂しい場所に出くわしました。

Photo Photo_3 建物の裏手、何もないレンガ敷きの空間にまるで置き忘れられたかのようにぽつんと佇んでいるその姿を目にした途端、思わず車の中で身を乗り出してしまいました。

ひとりぼっちになってしまった狛犬は、知る人もいない中でひっそりと余生を送っていました。

Photo_2 その近くに立派な台座に据えられた神馬がありました。これは旧工場内神社にあったものだそうで、ちゃんと説明プレートまでありました。

狛犬と神馬、あまりに対照的で、やりきれないものがありました。

この狛犬は台座もなく無造作に置かれており、その所在なげな姿を思い出すだけで寂しくなります。

日々を静かに送る狛犬に少しでもおだやかな日々が続くよう、それだけを願ってやみません。

 

Photo_4 口玉は九州の狛犬に近いようですが、嘉義神社の丹後狛犬系にも通じるものがあります。尾の形もこちらに近い形をしています。

表情はおだやかでかわいらしく、台湾の狛犬らしい、なんとも愛嬌がある、やさしい風情を漂わせています。
彫りも朴訥としておりますが、全体のバランスは取れています。

« 東勢神社の狛犬(2009.11.21訪問) | トップページ | 佐久間神社の狛犬 »

狛犬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395093/32900130

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾神社の狛犬(2009.11.21訪問):

« 東勢神社の狛犬(2009.11.21訪問) | トップページ | 佐久間神社の狛犬 »

最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ANA