« 善化糖廠内神社(湾裡社)の狛犬 | トップページ | 月眉糖廠の狛犬 »

和美公学校校内神社の狛犬

2006年7月18日訪問

Wabi1 彰化県和美鎮にある、和美國小を訪ねました。この立派な小学校の門をくぐり、狛犬の場所を探そうとしましたが、全く見当がつきません。丁度夏休みとあって、子供たちの姿もまばらです。

やっと上級生をつかまえて、狛犬の場所を教えてもらえました。そこは立派な校舎の横、すくすくと育った樹木の木陰になっており、学校の歴史を記したプレートをはさむようなかたちでちゃんと据えられていました。

Wabi3 Wabi4

狛犬自体は、新城神社のライオン風狛犬とよく似ています。このパターンは獅子をベースに狛犬を作ろうとした感じがします。尾が特に獅子のようです。何故こういうパターンが登場したのか、一体何が基になったのか、それが気になります。また、和美と新城という離れた場所に存在するのも謎のひとつです。このパターンが広く出回っていたということなのでしょうか。

色々考えながら狛犬を観察していると、子供たちが「何をしているの」と集まってきました。そして先生もやってきました。

狛犬を見に来たと言うと先生は自分は体育教師で「今は夏休みで(そういうことに)詳しい先生がいないので・・・」と仰り、そのまま小学校の資料室へ案内してくださいました。そこには学校の歴史が壁一面に記され、歴代校長の写真や、百周年記念イベントの様子や、折々の行事の写真などが飾られていました。一通り眺めていましたが、その間に先生が狛犬の写っている写真を探して下さっていました。あいにく見つかりませんでしたが、その代わりにと立派な百周年記念冊子を下さいました。その中の古い写真にはかつて神社前に据えられていた狛犬の姿が写っていました。

暑い中、汗だくになって資料を探してくださった先生に厚くお礼申しあげ、小学校を後にしました。

帰国してからゆっくりその冊子を眺めていると、狛犬についてのエピソードが紹介されている新聞記事が見つかりました。そちらを簡単に紹介します。

その記事によると、この小学校は1899年に創立、当時は「和美線公学校」と称しました。創立当初校舎はなく、道東書院を借りて授業を行っていました。6年後の1905年に6つの教室を有する校舎が建てられ、正式に学校としてスタートしました。

その近くには神社がありましたが、第十六回(1920年)卒業生によって一対の狛犬が奉納されました。

戦後神社は撤去されましたが、狛犬は引き続き子供たちと共に学校生活を送っていました。民國五十四年、新校舎設立の際に、役目もなく日本色の濃い狛犬を土中深く埋めてしまおうという話になりましたが、数名の先生方による「保存への強い訴え」のもと、狛犬は何とか難を逃れることができました。

その先生は「狛犬は日本統治時代の遺物としてだけではなく、卒業生達が学び舎へ帰ってきたとき、この狛犬に触れて昔をしのぶことが出来る、大切な思い出の品でもあるのだから、軽率に埋めてしまおうものなら、和美國小の百年に渡る歴史の足跡を辿ることができなくなってしまうのです」と仰られたそうです。

Wabi2 狛犬は先生方の尽力により、校舎の横に安住の地を得ることができました。

これからも在校生を護りそして卒業していった生徒達の懐かしい思い出となり、学校とともに歩み続けるのです・・・

« 善化糖廠内神社(湾裡社)の狛犬 | トップページ | 月眉糖廠の狛犬 »

狛犬」カテゴリの記事

コメント

うーん、どうしても犬には見えないのです。
不思議な生き物に見えてしまいます…(^_^;)

Sumiさんこんにちは。
私も関西圏の狛犬を中心に見ているせいか(「狛犬をさがして」ですね・・・)この狛犬を初めて見たとき「一体何がベースなのだろう」と首をかしげまくってしまいました。
でも複数の新聞記事に「日本色の濃い」石獅と書かれていたので、台湾の人からするとやはり狛犬以外の何者でもないのでしょう。

台湾の人が「狛犬」とみなすものと、私が「狛犬」と思うものでそのポイントがときには若干ずれることがあり、そこをこれからもう少し考察してゆけたらと思う次第です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395093/20200969

この記事へのトラックバック一覧です: 和美公学校校内神社の狛犬:

« 善化糖廠内神社(湾裡社)の狛犬 | トップページ | 月眉糖廠の狛犬 »

最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ANA