« 和美公学校校内神社の狛犬 | トップページ | 車路墘社(虎山社)の狛犬 »

月眉糖廠の狛犬

2006年7月18日訪問

Sp1030761Sp1030739 台中県后里郷に民國前三年(1909年)誕生した「大甲製糖所」がのちに月眉糖廠となり、そして戦後も改修工事等を経て生産量を回復していたものの、1999年3月には操業を停止。

現在は観光糖廠として再び活気を取り戻しており、私が訪れたときも大型バスで観光客が何組も訪れておりました。

ここの狛犬は恐らく糖廠内にあった神社に据えられていたものでしょうが、肝心の神社の資料がまったく見つかっておりません。

ですので、神社の鎮座年、ご祭神などの情報は他の糖廠内神社同様、残念ながら全くわかりません。

正門を入ってすぐ、正面にある建物の入口両脇に狛犬が据えられています。この建物は糖廠の事務所だったのでしょうか。

Sp1030722 Sp1030715

狛犬は、なんとも絵画的な表情をした特徴のある姿をしており、何かモデルになった狛犬があるのではと推測しております。また歯の並びの美しさが目を引きました。

更に、吽の頭頂部に角らしきでっぱりがありました。

尾の形は台湾の狛犬によく見られる、両脇の巻毛、中央に立毛というスタイルです。

一目見て狛犬と認識できるバランスの良さ、きれいな彫り、一見の価値がありますのでお近くを訪れた際にはぜひお立ち寄りください。

PhotoPhoto_2

Photo_4またこちらでは工場内の見学が楽しめます。なかでも煙のトンネルはなかなか迫力がありました。

見学後は名物のアイスキャンデーを勝利號の車内でいただくのもおつなものですね。

« 和美公学校校内神社の狛犬 | トップページ | 車路墘社(虎山社)の狛犬 »

狛犬」カテゴリの記事

コメント

ここの狛犬は可愛くて利発そうに見えました(^^)
事務所前に置かれていて状態もとても良いですし、これからも大切にされていくのではないでしょうか。

Sumiさんこんにちは。
この狛犬はとてもよくできていると私も思います。台湾でこのような狛犬として落ち着いた出来具合のものに出会えるととても嬉しくなります。
更に今現在事務所前に据えられているところも嬉しいですね。元気一杯、台湾で頑張っている姿を見て思わずよかったねえと実際声を出してしまいました・・・

 どうもお久しぶりです。何とも頭が扁平でユーモラスな狛犬ですねぇ!このごろ影響されて廟の入り口に鎮座する狛犬だか唐獅子にも目がいくようになってしまいました。

 別件ですが今日下班時、新生南路和平東路口でドンチャカ音がしてきなと見ると松山慈恵宮の電飾ギラギラの花トラック、楽団トラックが公館方面から和平東路へ回っていきましたが、なんと花トラックだけで総数50台以上、警察が信号を操作して左折の時間を長くしたため、あおりを食った和平東路、建国南路など金曜日夕方のラッシュアワーに大塞車状態でした。カメラを持っていなかったのですが、突然何かが始まる台北、いつもカメラは持ち歩いていないといけませんね。

 

亜熱帯気候さんご無沙汰しております、書き込みありがとうございます。
狛犬や石獅が気になる今日この頃とのことですが、ぜひ今後も気になり続けてくださいますよう、よろしくお願い申しあげます。

台湾で花トラックや楽団トラックの進香団?に出会うと、何かわからないものがつきあげてくるというか、がむしゃらに追いかけていきたくなるのですが、いかがでしたか?私はあの鳴り物がどうやらものすごく好きみたいです。
それで、廟会リストを見たのですが、今の時期(旧暦3/27-4/1、5/2-5/5)台北のいろんなところで盛り上がっているようですので、この休みはカメラ片手にチェックですね!いや~うらやましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395093/20649241

この記事へのトラックバック一覧です: 月眉糖廠の狛犬:

« 和美公学校校内神社の狛犬 | トップページ | 車路墘社(虎山社)の狛犬 »

最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ANA