« 能高神社の狛犬 | トップページ | 善化糖廠内神社(湾裡社)の狛犬 »

「火山」碧雲寺の金属獅子

枕頭山の山麓に位置する碧雲寺は、200年以上の歴史を誇る関子嶺の名刹です。

門前には立派な石獅子が据えられておりますが、実はそのほかにもブロンズ製の獅子が後殿に据えられているのです。

同じく狛犬を趣味とする台湾の朋友が「この獅子はかつては狛犬だったということです」と教えてくれたのは前日のことでした。私は居ても立ってもいられず、翌日早速会いに行った次第です。

期待に胸を膨らませ、門をくぐります。しかし、それらしき姿が見当たりません。

P1080436正面には、比較的新しいものに見える獅子が据えられています。

もしかすると、これのことでしょうか・・・じっくりと眺めます。所々痛みが見られますが、大変美しいのでこれは違うのではと首をひねっていました。

すると、お寺の人たちがやってきて、おもむろにこの獅子についてのいわれを説明してくださいました。

Sp1080432 Sp1080433

それによると、やはりこの獅子は日本統治時代、神社に据えられていたもので、戦後こちらへ持ってきたそうなのです。

しかし、それが一体どこの神社のものかなど具体的なことは全くわからないそうです。周りの人々もその説明にその通りだと同意していました。

帰国後、色々調べてみましたが、なかなか資料を探し出せず現在に至ります。

痛みの少ない理由としては、戦後しばらくどこかにしまわれていた狛犬が、何かの拍子に思い出されたかして、丁度きれいになったこのお寺へ据えたらいいんじゃないかということになってのかもしれませんね。

あのお寺の皆さんが嬉しそうになでながら説明してくださったこの獅子について、またこれもひとつのかたちとして狛犬の仲間へ入れておきたいと思うのでした。

ちなみに最近修築されたのか、お寺は大変美しくまばゆいばかりでした。

狛犬の台座も、そのとき一緒にきれいにしたのでしょう。

« 能高神社の狛犬 | トップページ | 善化糖廠内神社(湾裡社)の狛犬 »

狛犬」カテゴリの記事

コメント

そういうことなら、一覧表に追加したいな。
ちなみに、このお寺の近くの大きな都市ってどこ?

かなり微妙な存在かなと思いつつ紹介してみました。
私の心の中にある一覧表には入っているんですが、実際どうでしょうか、どこかにうまいこと入れていただけますか?
ちなみにここから近いとこって新営だと思うんですが、新営神社(郷社)がありましたよ。でも狛犬の姿は例のデータベースから見つかりませんでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395093/11580126

この記事へのトラックバック一覧です: 「火山」碧雲寺の金属獅子:

« 能高神社の狛犬 | トップページ | 善化糖廠内神社(湾裡社)の狛犬 »

最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ANA