« 布袋塩場の狛犬 | トップページ | 台湾の神社旧蹟視察と狛犬に逢ふ旅 »

東石神社の狛犬

2006年7月18日訪問

・東石神社(現:朴子芸術公園) 昭和11910日鎮座。

・ご祭神は能久親王、開拓三神、天照大神。

・「昭和十一年九月吉日」「郡下聯合保甲」の文字あり。

・特徴:阿の歯は犬歯2本、臼歯17本。吽は不明。角はない。

Sp1030582

東石神社のあった場所は現在朴子芸術公園となっています。なぜ芸術なのかと思っていましたが、「梅嶺美術館」ができたことをきっかけにして、囲いを取り払い、園内を整備して、美しい芸術空間にしよう、となったようです。ちなみに前身は「中正公園」です。戦後国民党に接収され民國34年に海巡部隊の駐屯地となっていたのが、民國76年に軍の手から離れたので、では地元民くつろぎの場所をと公園にしたそうです。

尚、現在ここにある鳥居ですが、実は当時のものではなく、古いものを一旦撤去し、2005年の夏に新しく作ったものだそうです。

Sp1030580 Sp1030555 Sp1030562

さて狛犬ですが、掃除が行き届いているうえ、かなり装飾されていて面食らいました。

これはかわいらしくしてもらった・・・のだろうなあ、とちょっと噴出しながらあれこれ調べてみたのですが、全てが掴みづらくて仕方ありませんでした。何ともいえない漫画のようなあの瞳に見つめられると、笑いがこみ上げてくるのを止められませんでした。

かなり大雑把な浅い彫り(前足、後足辺りが特に)で、渦模様や尾の形、毛の流れは台湾の狛犬でよく見られるパターンになるため、見本に基づいて台湾で(これも全体のバランス等から恐らく台湾の石工によって)彫られたのだろうと思われます。耳だけ何か混ざったかな。

アクセス方法:嘉義客運バス停が公園の前にあります。嘉義から朴子方面へ向かうバスになります。道沿いの大きな公園で、入口に鳥居があるのですぐわかると思います。

« 布袋塩場の狛犬 | トップページ | 台湾の神社旧蹟視察と狛犬に逢ふ旅 »

狛犬」カテゴリの記事

コメント

鳥居は新しいのですね。
てっきり古いものだとばかり思っておりました。

狛犬さんは愛嬌がありますね。
口元が可愛い(^_^;)

Sumiさん:
鳥居については、片倉佳史さんに教えていただきました。2005年の夏に新しくしたそうです。
この狛犬、お化粧してなくてすっぴんでも充分かわいいと思うんですが、台湾の人からすればこのほうがより価値が上がるということのようです。面白いですね。
私は耳が好きですね、これもいい味でしょう?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395093/8563984

この記事へのトラックバック一覧です: 東石神社の狛犬:

« 布袋塩場の狛犬 | トップページ | 台湾の神社旧蹟視察と狛犬に逢ふ旅 »

最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ANA