« 林内神社の狛犬 | トップページ | 布袋塩場の狛犬 »

竹山神社の狛犬

2006年7月17日訪問

<基本データ>

・竹山神社(現:竹山遊憩公園) 昭和13(1938)年2月28日鎮座

・御祭神は明治天皇、大国魂命、大己貴命、少彦名命、能久親王。

・台座に「昭和十三年一月」の文字

・特徴:歯は全部犬歯(計40本)の肉食狛犬。垂耳で、後ろへ向かってはねている。阿の口中に玉有り。吽は左前足に玉有り。

Sp1030597さて、林内神社及び北斗神社の狛犬とモデルが同じではないかと思われる狛犬が続きます。

まず共通する大きな特徴としては阿の口玉・吽の足玉です。

そして尾の形、耳の形、毛の流れと続きます。また、北斗神社狛犬同様、体表に渦模様が彫られています。

ただし、体のひねり具合や線のやわらかさが林内神社の狛犬とは随分異なります。

ですので、ある程度は基本に沿って彫り、そこから先は石工の技量や意思が加わっていったのではないかと思われます。

北斗、竹山、林内は場所的にもとても近いので、一度まとめてみました。

Sp1030595_1 Sp1030590 Sp1030596Sp1030589

« 林内神社の狛犬 | トップページ | 布袋塩場の狛犬 »

狛犬」カテゴリの記事

コメント

迫力がありますね。
咬まれたらかなり痛そう。う~って唸っているみたい(^^;)

子供には狛犬って怖く見えたりしますが、
これほど迫力があると通り抜け出来ないかも(笑)

頑固親父風ですよね、確かにこの表情。
神社の参道ではさぞかし力強く誇らしげであったことでしょう。
そう考えると、切なくなってしまいます。私が会いに行ったときは心なしか嬉しそうに見えたのです。
そういえば、公園に着くまで夕立が心配されたのですが、丁度全て終わったとき(写真を撮ったり寸法を測ったり)土砂降りの雨が降ってきたのでした。待っててくれたのかなと、ふと思ったのでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395093/7299141

この記事へのトラックバック一覧です: 竹山神社の狛犬:

« 林内神社の狛犬 | トップページ | 布袋塩場の狛犬 »

最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ANA