« 宜蘭神社の狛犬 | トップページ | 大溪神社の狛犬 »

新荘神社の狛犬

<これからしばらく、獅子を狛犬として据えていた例をご紹介してゆきます>

2005年1月2日訪問

Sp1000834 Sp1000840 Sp1000851 Sp1000847 Sp1000846                                                             

<基本データ>

・新荘神社(昭和12年11月鎮座 御祭神は能久親王、明治天皇ほか)

・台座に「新荘保甲民一同」の文字が刻まれている 

« 宜蘭神社の狛犬 | トップページ | 大溪神社の狛犬 »

狛犬」カテゴリの記事

コメント

こいつの持っている銭に「昭和△」と刻まれているのは指摘したことがありましたかね?
△はたぶん「庚」だと思うので、昭和12年以降なら昭和15年(この年の干支は庚辰)の設置でしょうね。
ちなみに、江ノ島にある児玉神社の狛犬(台湾から寄進された中国獅子)でも、銭に「昭和庚」の文字が確認できます。

あ~なんかそんな話教えてもらったような・・・すんません!
これにこりずに、また流石のチェックをよろしくです。
狛犬ちゃうからって手ぇ抜くな~って、獅子がぼやいているような気がしてなりません。そんなつもりはないんだよう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395093/6926494

この記事へのトラックバック一覧です: 新荘神社の狛犬:

« 宜蘭神社の狛犬 | トップページ | 大溪神社の狛犬 »

最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ANA