« 基隆神社の狛犬 | トップページ | 新荘神社の狛犬 »

宜蘭神社の狛犬

2004年7月21日訪問

Syilanamae0209_1 Syilanunmae0212_1

宜蘭神社は県社でしたが、金属狛犬を据えているところから、重要な位置を占めていたのではと想像しています。

日本国内で多くの金属狛犬に見られる、芸術的な香りがあまり感じられず、むしろ庶民派ともいえる、かわいらしくて親しみやすい狛犬となっています。

全体的に、彫りのエッジが立っておらず、若干荒々しい仕上がりになっています。また阿の尾(下半身)がセメントで修復されていますが、粗い仕事なので気持ちが有り難いだけに、残念です。しかし、顔のつくりに作り手の愛情を感じてしまうのです。そこがこの金属狛犬の味わいそして魅力となっているのではないでしょうか。

こちらの画像も狛太郎師匠に見ていただきました。抱かれた印象としては、やはり同じようなものだったのですが、とても心温まる感想をいただきました。以下にご紹介いたします。

私はこの狛犬に親しみを感じます。それは金属製狛犬として日本式の金属狛犬に非常に近いと思うからです。特に顔立ちがいわゆる獅子顔で、日本でも見慣れた風貌です。眉も毛筋のある3房に渦の突起を配するなど芸の細かいところを見せていますし、ヒトミには瞳孔も表現されています。口の開き具合もなかなか上品です。このブロンズを造るための元の塑像は、あるいは日本人の手になるものではないかと思うほどです。鋳造技術の問題に加え、外地では良質な素材も手に入らなかったのかも知れないと思うと、これはこれで、よく頑張ったねと声をかけたいくらいです。

更に、狛犬仲間でありますliondogさんから、実に興味深い感想をいただいております。部分的に類似する点を持つ金属狛犬の紹介をいただいたのです。

秋田市の日吉八幡神社にあるブロンズ製狛犬の画像と宜蘭神社狛犬の鬣が比較的わかりやすい画像を並べてみました。ぜひ画像と共に、じっくりご確認ください。

S_9 S_10

Syilanamigiyoko0206_2 パッと見、あまり似ている感じがしないと思いますが、引っかかるのが、たてがみの裾が、まるでトリケラトプスの襟巻きを思わせる形で、刺のように張り出している点です。

宜蘭神社の狛犬のうち、吽像はそれほどでもないようですが、阿像のはかなり張り出しているでしょう?ちょっとその点が似ている気がします。金属製の狛犬って、数が少ない上に個性が強くて、なかなかどれとどれが同じ系統だとか言いにくい部分がありますが、これらには共通のモデルでもあるのかもしれません。

ちなみに、この秋田のブロンズ狛犬は、大阪の人が寄進したものです。ということは、製作自体も大阪かもしれない。もしかすると台湾の狛犬を解明する手がかりは大阪にあるのかも。

確かに、お二方の仰る通り私も同様に、金属狛犬については石造狛犬よりも日本独特の色合いが濃いので、モデルが確実に存在していたのではと考えているのです。今のところまだ2対しか金属狛犬が台湾では確認できていません。他にも居たのか、それともかなりまれなる存在だったのか・・・これからの出会いで新たなる糸口がみつかることを期待している今日この頃でした。

<基本データ>

宜蘭神社(現:員山公園内忠烈祠)

置年:神馬前に設置された説明プレートによると「1918年鎮座、祭神は天照大神。3,4年後に神馬が置かれ、狛犬と石灯籠は階段の前に置かれた」とのこと。狛犬の台座は比較的新しいものなので銘板も残っていませんでした。狛犬本体にも、何も彫られておりませんでした。

特徴:金属(銅製)狛犬。角はなし。犬歯合計6本。垂耳で、左右の位置が若干非対称。

アクセス方法:宜蘭車站からタクシーで15分ほどの員山公園にあります。また、公園方面へのバスも出ています。公園から真っ直ぐ伸びる元参道を歩いて一番奥まで行くと忠烈祠への長い階段があり、狛犬はその前に据えられています。

« 基隆神社の狛犬 | トップページ | 新荘神社の狛犬 »

狛犬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395093/6864110

この記事へのトラックバック一覧です: 宜蘭神社の狛犬:

« 基隆神社の狛犬 | トップページ | 新荘神社の狛犬 »

最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ANA