« 佳冬蕭宅と仙桃 | トップページ | 竹田駅と客家文物館 »

南州糖廠

S323 佳冬から南州糖廠へ行きました。DIEMAの運転ができる!と喜び勇んで乗り込んだものの、全く人影も機関車影もありません。何と線路工事してるからしばらく運休だとのことでした。がっかりです(ちなみに現在運転体験は行っておりません)。

S319 気を取り直して、次に楽しみにしていた酵母アイスにあんこをトッピングしたものを食べに行きました。一杯わずか25元でこんなごちそうが食べられます。酵母は砂糖を作るときの副産物らしいのですが、台湾人のおばあさんが「わかもとアイス」と呼んでいました。ビール酵母の錠剤「わかもと」は昔実家にもありましたが、おばあさんの子供のころにはどこの家にもあったとか。きっとおばあさん達にとって「酵母」といえば「わかもと」なのでしょう。まさかここで「わかもと」と出会うとは思いませんでした。

« 佳冬蕭宅と仙桃 | トップページ | 竹田駅と客家文物館 »

地方小吃」カテゴリの記事

コメント

DIEMAって前は運転体験ができたのですか。
それはびっくり。今もサトウキビはたくさん作られているのでしょうか。

酵母アイスがとてもおいしそうです。
わかもとって大正時代とかから作られているんですよね。薬剤師だった祖父が生前、いつも傍らにわかもとを置いて、お菓子がわりにぽりぽり食べていたのを思い出しました。薬なのにそんなに食べて大丈夫なのかと、いつも思っておりました。

夫婦ともかっぱさま:
サトウキビはもうここでは作られていないんですよ・・・
ほとんどの糖廠が操業を停止しています。それで今は、サトウキビを運搬していた鉄道機関を利用して、観光列車が走っているところがいくつかあります。
烏樹林糖廠、渓湖糖廠、蒜頭糖廠、橋頭糖廠、新営糖廠、そして南州糖廠でも乗ることができます(ただし、橋頭や南州は特に運行日に注意です)。
私はまだ半分しか乗ったことありませんが、なかなか楽しい小旅行気分を満喫できますよ。なんせかわいいんです・・・

わかもとアイス、香ばしい味でしたよ!わかもとって、うちも母がぽりぽり食べていましたが、母の実家はもともと薬問屋・・・薬関係者御用達だったのでしょうか。

わかもとアイスひかれるわ~ わかもとは台北のMRTの駅にめっちゃ看板出てますね。懐かしいなあと思って見てたら商品名になっているんですか、アバウトな台湾人にひかれるわ~

わかもとって、台湾で知名度高いんですね!わかもとアイスに関しては、おばあちゃんたちが勝手に命名したんだと思いますが、なんかいい呼び名ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395093/6220563

この記事へのトラックバック一覧です: 南州糖廠:

« 佳冬蕭宅と仙桃 | トップページ | 竹田駅と客家文物館 »

最近のトラックバック

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ANA